hair K 市販のカラーと美容室のカラーの違い

こんにちは☆hair Kの水田です(^^)

桜がちらほら咲き始め、新しい環境になり出会いが増える季節でもありますね(^^)

今日は春分ですね(*^_^*)これからわくわくする

出来事が待ってる方も多いのではないでしょうか(^^)

季節の変わり目がきて花粉症もすごい時期になってきてここ

最近目と鼻がダメージ受けてきてます(:_;)

最近は暖かかったり、寒かったりの温度差からくる、

症状は花粉症に似たアレルギーもあるみたいですね((+_+))

皆さん風邪などもひきやすい時期なので体調にはお気を付け下さいね<(_ _)>

今日は市販のカラーと美容室のカラーの違いについてごしょうかいします(*^_^*

カラーとは1剤と2剤の2つの効果の違うお薬を混ぜることによって髪の毛が発色し綺麗に染まります☆

カラーの薬剤には2剤に大きく違いがあります★

染料が入った1剤にいろんな種類があるのと同じように、2剤のお薬にも濃度の違いがあり、髪の状態や目的で使い分けをしています。

そこで、髪の状態によって2剤の使い分けをします。 ホームカラーの過酸化水素濃度は6%、対して美容室の2剤は1~6%のものがあり、使い分けができるんです。         過酸化水素はブリーチに深く関係するので、必要以上の濃度は髪のダメージに直結してしまいます。。。

ホームカラーでは、ドラッグストアなどに陳列されているものをお客さまの判断で選ぶことしかできません。

しかし、サロンカラーでは、美容師がお客さまの髪の状態に合わせて薬剤を選定し、カラーの色味も豊富です

 kara

ホームカラーをしようか迷われている方は綺麗な髪の状態を守り美髪を保つためもさけられたほうがいいですよ(*^^)

 

hair kでのカラーも髪の毛に優しいお薬をつかってますのでカラーしたいけどダメージが(>_<)。。

と考えられている方は是非お気軽にご相談下さい(*^_^*)

color リタッチ¥5250

全体¥7350

 

 カラーhttp://hair–k.com/color.html

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL